風営法

February 05, 2010

カップル喫茶の経営者を現行犯逮捕。

逮捕容疑は、公安委員会の許可なしに照明を規定の10ルクス以下の0.07ルクスにして営業したことだそうだ。


どうやら、店内の明るさは10ルクス(ギリ新聞が読めるぐらいらしい)以下の店は、風営法の営業許可を受けなければいけないと定められているのだそうだ。


逮捕以前にも同じ内容の注意を受けていたようなので、改善しないため悪質と判断されたのだろう。

おそらく経営者は、風営法の届出をすることによって営業時間などの制約を受けるのを嫌ったのだろうが、逮捕されてしまっては元も子もない。

huuzoku_zyouhou at 14:07